ゆうこ写真館

は~い!こちら写真部です。
食を求めて東奔西走、日本全国はたまた世界各国飛び回ります。
会社休んでも大目に見てね♪

2020年9月

信州と言えばやっぱり蕎麦!!
仕事の関係で、年2回ほど長野に
出張しますが、ユウキ食品八ヶ岳
工場から蓼科工場への移動の際、
何軒ものお蕎麦屋を見かけます。
また、9月になると周辺の畑は蕎麦
の花が一杯に咲き誇ります。

八ヶ岳山麓・富士見高原周辺は、標高が1,000m~1,200mあり、
朝晩の寒暖差があり日照量も多く水はけのよい台地であることから、
美味しい蕎麦の採れる地域として知られています。
10月下旬になると新蕎麦が収穫されるので、当然のことながら
12月の出張での昼食は、迷わずお蕎麦を食べることにしました。

本来は、老舗のお蕎麦屋さんから攻めるのが王道なのですが、
ユウキ食品㈱蓼科工場のすぐ近くに、
"休日は並ばないと食べられない評判のお蕎麦屋が出来た"
という情報を得たので、今回はそちらに行きました。

お店はカフェ風な外観ですが、敷地には立派な"蔵"があります。
このお店の店名が"農家食堂〇〇"となっているので調べたところ、
地元の農家さんが、八ヶ岳山麓のそば粉と無農薬自家栽培の野菜を
使い料理を提供していることがセールスポイントのようです。

ランチの「お蕎麦+野菜のプレートのセット」を頼みましたが、
野菜がとても美味しいのはともかく、肝心のお蕎麦はどうなの?
と思いましたが、これがビックリ!!

なんと1人前のお蕎麦を2度に分け、2種類のお蕎麦を出す趣向で、
最初の更科粉の白いお蕎麦は、爽やかな香りとするっとした食感。
次に来るのが、挽ぐるみの黒いお蕎麦で、こちらはガツンと来る
蕎麦の香りと腰のある力強い味わいです。

また蕎麦つゆが通常のつゆ以外に何種類かあり、その中から2種を
選べるので、普通の蕎麦つゆとトマトベースのつゆを選択。
お蕎麦が美味しく、普通のそばつゆでも当然おいしいのですが、
トマトベースのつゆにお店のお勧めのオリーブオイルを数滴たらし、
このつゆで白いお蕎麦食べた時の美味しさ。意外でしたが合います。

ここ八ヶ岳の山麓という絶景のロケーションと美味しいお蕎麦。
都会のお蕎麦屋さんでは味わえない、とても幸せなひと時でした。

担当:KOBA

« 前月の記事  ‖ 
はりきって海外編   のんびり国内編
イメージ